カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 
ホーム > モタードパーツ > ポジション

モタードポジションの考え方と部品の選び方

モタード車両はベースとなるオフロード車からホイールサイズを変更→ディメンジョンが変化することと、
アスファルトをメインに走るため、オフロードポジションのままでは乗り辛さを感じることもあります。

オフロードではスタンディングで走ることが多く、また体を引いた体勢になることも多いです。
その体勢で抑えが効くポジションになっているため、基本座りっぱなしで乗るモタードにはあまり向いていないと考えられます。

例えば脚出しのモタードスタイルで乗るライダーでハンドルが低いと、
ブレーキング時にハンドルを抑えづらい
バンク時間が長く、バンク角も深いのでハンドルに脚が当たる
等が発生します。

そのため、ハンドルマウントポストを高くしてハンドル全体を上げる。
ハンドルバーをもっと立ち上がり角度が大きくバーエンド部が上がっているものにする。
等で乗りやすいポジションに変更することが出来ます。



以下は乗り方によるハンドルポジションの傾向です。

ハングオンで深く体を入れる人
全高が低く絞りの強いハンドル

ハングオンであまり体を入れない人
オフロード車両標準程度~若干高め

脚出しの人
ハンドルマウントポストを交換したり、スペーサーを入れて高くしている


これらはあくまでも傾向であり、誰にでも当てはまるものではありません。
ポジションを適したものに変えると、びっくりするほどに乗りやすくなりますので、標準のまま乗っている方は変更を検討してみるのは大変アリだと思います。


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~13件 (全13件)

1件~13件 (全13件)

ページトップへ