スータースリッパークラッチとは

SUTER スータースリッパークラッチ とは

SUTER スータースリッパークラッチは、シフトダウン時など強大なバックトルク(エンジンブレーキ)が掛かった際に機能するクラッチです。

今まではシフトダウンの時など、バックトルク(エンジンブレーキ)が強く掛かる時にライダーは「アクセルで回転を合わせたり」「半クラッチを当てたり」とブレーキング本来の役割ではなく、ホッピング制御などバイクの姿勢制御に多大なエネルギーを使ってきました。
スリッパークラッチはバックトルクが掛かると機械的に半クラッチ状態を作り出すことでバイクの挙動を安定させ、より容易なライディングを可能にします。結果ライダーはもっとブレーキングやコーナリングに集中できるようになります。

スータースリッパークラッチ

Tom Luthi Doha-2011

昨今のモーターサイクルレーシングの世界において、スリッパークラッチの装着は当たり前となってきています。「よりハードにブレーキングをしてもライディングに集中でき、タイムアップを狙うため」「ミッション保護のため」など様々なメリットがあるからです。

スリッパークラッチ自体は、各社のスーパースポーツ車両で純正採用されるようになっていますが、レースで勝ちたい場合そのままでは不十分です。
「純正品ではなく鍛造ホイールを使う、社外マフラーを使う」といったことと変わりません。ハイクオリティーアフターパーツと純正品には大きな違いがあります。

このようなメリットはモトクロスを始めとするオフロードレースでも同様です。
その為に現在の世界選手権モトクロス(MXGP)では誰もが装着するパーツとなりました。
スーパーモトにおいてはレーサーで純正採用されるなど、重要度の高いパーツです。
重要度が高いからこそ、ハイクオリティーで間違いないパーツを装着する必要があります。
SUTER Industries(スーターインダストリー)のスリッパークラッチはMotoGP™を始めとするチャンピオン達が、性能に納得した上で選び、使用しているものです。

MotoGP™️ で使われる世界最高峰のクラッチテクノロジー。
SUTER スリッパークラッチなら体感できます。

SUTER スータースリッパークラッチは特許取得の新しく革命的なメカニズムでスリッパークラッチ界をリードしており、他に類を見ない優れた走行特性とスムーズさを併せ持っています。。 MotoGP™️からフィードバックを受けモーターサイクルレーシングのために開発され、宇宙航空技術でも使用するT-6で処理されたアルミ材を高精度で削り出し製作の上、摩耗を減らすためにハードテフロンアルマイト処理を行なっています。

レースシーン(オンロードでもオフロードでも)において、SUTER スータースリッパークラッチは世界中のプロフェッショナルライダー達から最も重要なパーツのうちのひとつと見なされています。
その証拠としてSBK(スーパーバイク世界選手権)のヤマハファクトリーチームが実際に使用している(2017年現在)他、V.ロッシ選手やM.マルケス選手をはじめとしたチャンピオン達も使用していました。また現在も数え切れないほどの有名ライダー、チームが使用しています。

SUTER RACING
SUTER RACING Moto2 コンストラクターチャンピオン

山道
峠をはじめとした一般公道でも

レースシーンのみならず、公道を走行するストリートライダーにとってもスリッパークラッチは優れた装置です。
公道を走行している時、突然現れた対向車など不足の事態で急ブレーキをかける時もあるでしょう。
そのような事態でもスリッパークラッチを装着していれば、ライダーはマシンの挙動を抑える負担が減り、安全かつ確実にブレーキを掛けられます。
ライダーは、あらゆるシーンでこのスリッパークラッチの利点に気づくでしょう。
セッティングパーツも豊富に容易されており、SUTERスリッパークラッチはライダーの細かなニーズに答えます。
スリッパーが効き出す(半クラッチを作り出す)タイミング、強さ、特性をオプションのセッティングパーツを使用することで変更可能です。
セッティングできる幅が広いので、自分の思い通りの状態を作り出すことが可能です。

ボールウェイインサート
特性を変化させるボールウェイインサート(ボールランプ)

BTLスプリング
効きの強さを調整するBTLスプリング

ユニバーサルクラッチツール
汎用クラッチホルダーを使用してインストール
SUTER スリッパークラッチのさらに素晴らしい点は、「スリッパークラッチ専用の特殊工具が必要無いこと」です。通常のクラッチを整備する工具があれば、簡単にSUTER スータースリッパクラッチのインストール、セッティングが可能です。

SUTER スータースリッパークラッチを選ぶ理由

1.MotoGP™でも使用しているクラッチ

V.ロッシ選手,M.マルケス選手を始めとしたチャンピオン達が使用した実績がある 他、中野真也選手、芳賀紀行選手、柳川明選手など世界で戦う日本人も使用していました。また現在も数え切れない程の有名ライダー、チームが使用しています。

2.ライダーの仕事を軽減する

スリッパークラッチがバイクの挙動をスムーズにしてくれるので、ライダーはよりブレーキングやコーナリングなど、バイクを速く走らせることに集中できます。

3.ミッション保護

過度のバックトルクはミッションに大きな負担を掛けます。クラッチを滑らすことでバックトルクを逃がすスリッパークラッチは、ミッションの保護にも有効です。

4.高い耐久性

宇宙航空技術でも使用するT6で処理されたアルミ材を削り出しで製作の上、ハードコーティングを施してあります。ボールなどの駆動部分はスチール素材を使うことで磨耗を抑えます。(一部のクラッチを除く)

5.豊富なセッティングパーツ

バックトルクリミッター(BTL)スプリングのレート変更により150N.mから2100N.mまで、概ね100N.m間隔でバックトルク解放ポイントの調整が可能です。ボールランプ部品での変更に対応するモデルもある他、プレッシャープレートを接続するボルトの長さを調整することでスリッパーが効き出すタイミングを調整することが可能です。

6.キットにはBTLスプリングが3枚付属*

ほぼ全てのクラッチキットには、ベースセットのBTLスプリングと その1ランクレートの高いものと低いもの、計3枚のスプリングが付属しています。

7.特殊工具の必要なし

面倒な特殊工具は必要ありません。通常のクラッチを整備する工具でインストール/セッティングが可能です。

8.加工精度の高さ

加工精度が高いことで、クラッチ本来の仕事もきっちりと行います。クラッチを切った時にはしっかりと切れ、余分な熱を発しません。繋がりはスムーズです。

9.米国 HINSON社も認めたメカニズム

MX界で知らない人は居ない、超一流クラッチメーカーであるアメリカ HINSON(ヒンソン)社のBTL(スリッパー)クラッチはSUTERが製作しています。アメリカではHINSONブランドとしてSUTERクラッチを販売中。

* 一部のクラッチキットにはBTLスプリングが1枚のみ付属しています。